AKAMON

看護学科の特色

HOME > 学科紹介 > 看護学科の特色

赤門だからできること 5つの特色

仙台赤門短期大学では、大学教育ならではのユニークな教養教育で豊かな人間性を養いながら、看護師に必要な知識や技術を3年間で効率よく学ぶことができます。

01少人数教育

きめ細やかな教育で理解度が深まります

本学は1学年80名の単科短期大学で、その規模を活かしたきめ細やかな少人数教育が特徴です。講義では、学生自らが学習に参加できるよう、グループワークでプレゼンテーションする機会を設けています。また実習でのカンファレンスでは、学生が安心して発言できる環境をつくり、活発な情報交換ができるようにしています。

02地域との関わり

地域に根ざした医療を体験します

本学は、「地域の医療関連施設に勤務し、地域社会に貢献したいという志を持つ看護師を育成すること」を建学の目的のひとつとしています。そのため、1~3年次に行う臨地実習では、仙台市内にある総合病院や介護福祉施設等に限らず、宮城県県北や県南にある基幹病院での実習も行います。地域の基幹病院は、頻度が高く重要な疾患群に対応していることから、本学の学生にとっては多くを学べる学習環境ということができます。

03未来志向

将来、現場で必要な対話力が身につきます

対話力は患者と自分の心を開いて人間関係を結び、的確な看護を実践するために必要な能力です。本学では人間学やカウンセリング理論と実際を学び、授業や実習では、発言の機会を作り、グループディスカッションを多く行い、対話力を磨きます。将来、人間関係で悩む看護師が多い中、自己との対話力、他者との対話力を育て(主体性を育て)る本学の学生は自分を見失うことなく、人間として看護師としての自己を実現することができます。

04恵まれた環境

自然豊かなキャンパスと充実した学びの環境

本学は、仙台市のシンボル・仙台城跡がある青葉山地区にキャンパスを構えています。緑豊かなキャンパスには、講義室の他に4つの実習室や先端技術に触れるスキル・ラボ、学生がフリーでアクセスできるインターネット環境、そして体育館や散歩道等があり、充実した学びの環境が整っています。

05経験豊富な教員陣

臨床経験・ 教育研究経験が豊富な教員陣が指導

本学の教員は、臨床における看護経験や看護教育経験が豊富な専任教員をはじめ、東北大学に在籍する非常勤講師、赤門鍼灸柔整専門学校の講師など専門性の高い教員陣が揃います。授業も、最先端の医療・看護から心とからだを整える東洋医学まで、幅広く充実した内容を学べます。