仙台赤門短期大学 看護学科

宮城県仙台市の看護師養成学校|仙台赤門短期大学 看護学科

MENU

建学の精神
Mind

赤門の歴史

学校法人赤門宏志学院のあゆみ

教育理念

生命に対する畏敬の念をもち、人間の尊厳と一人一人の人間を尊重し、思いやり、人権を擁護する倫理性と人間性を備え、関係性の中で対話し、人間の生老病死の苦痛や苦悩を感じ、理解し、科学的思考と感性的洞察に基づいて健康の側面から人間の自立と自己実現を援助する看護を実践する能力を育成する。

教育研究上の目的

本学の教育理念と教育目的を実現するために、以下の能力を有する人材を育成することを目標とする。

  • ❶ 生命に対する畏敬の念をもち、人間の尊厳を感じ、人間尊重と人権擁護の立場に立った看護を実践する能力を有する人材
  • ❷ 看護専門職としての知識、技術をもち、看護を必要としている人を理解しようと関わり、看護を必要とする人の看護ニーズに沿った看護を実践する能力を有する人材
  • ❸ 看護場面での人間関係を援助的関係にするために、学生の自己理解、他者理解を促し、誠実に対話関係を築き、創造的な看護を実践する能力を有する人材
  • ❹ チーム医療やチームで介護を展開する場において、看護の役割を明確にし、チームの人々と協力し、保健・医療・福祉に貢献する能力を有する人材
  • ❺ 学生が主体的に学ぶための授業の展開や学習環境をつくり、生涯にわたり看護を実践することを通して自己実現し、継続して学習する自己教育力を有する人材

建学の精神

看護師育成を通して地域社会および地方に貢献

アドミッション・ポリシー
(入学者選抜の概要)

本看護学科の教育目標、どのような人材を育成するのかに沿って、本学で受け入れる学生の要件は、以下のとおりとする。

  • 看護を中心に、広く医療の意義を理解し、看護師を目指して勉学に励む熱意を有すること。
  • 宮城県を含む東北地方を中心として、地域医療に貢献したいとの志を有すること。

カリキュラム・ポリシー
(教育課程編成の基本方針)

  • 基礎科目・専門基礎科目の履修においては、サイエンスの基盤である論理的思考に習熟すること。
  • 看護の場面で、自ら考え、判断し、行動し、責任を引き受けることができるよう、その基礎となる専門科目の知識・技術を深く習得すること。
  • 看護の、様々な領域において、病院・助産院・保育施設・高齢者施設などで実習に参加し、ケア対象者とのコミュニケーション・スキルや、他職種と協働してチーム医療が行える能力を身につけること。

ディプロマ・ポリシー
(学位授与の方針)

本学の教育理念、教育目的、 教育目標を実現することを意図した カリキュラムを履修し、卒業までに、 以下に挙げる到達目標を身につけ、 所定の単位を修得した学生に、 短期大学士(看護学)の学位を授与する。

  • ●【尊厳】ケアの対象者である人間の心情を理解できる感受性を有し、対象者の尊厳・人権を尊重する態度と言動をとれること。
  • ●【自立】独立した専門職業人である看護師たるべく、看護に係る確かな知識と技術を習得していること。
    そして看護する側である自身について、自己肯定感を持って省察できること。
  • ●【融和】包括的介護、あるいはチーム医療の場において、看護師としての独自性を発揮しつつ、他職種の医療従事者と協調し連携がとれること。