仙台赤門短期大学 看護学科

宮城県仙台市の看護師養成学校|仙台赤門短期大学 看護学科

MENU

看護学科
Department of Nursing

  • 3年課程
  • 入学定員1学年80名
  • 男・女
取得できる資格
看護師国家試験受験資格
保健師・助産師・養護教諭養成校受験資格
取得できる学位
短期大学士(看護学)

知識と技術だけではなく、 豊かな人間性を磨き、 信頼される看護師として 地域社会に貢献します。

さまざまな健康レベルの人を医療と生活の両面から援助し、支える看護師教育を行います。短期大学での学びは、看護を行うための知識、技術を自ら学び取る積極性を身につける場でもあります。同時に、人間の生老病死に臨んで看護を必要としている人々の苦痛や苦悩を感じ、和らげる対話や実践力を自分の力にすることでもあります。つまり、主体的に学び、専門職業人として、プロフェッショナルとしての道が始まるのです。本学では東洋医学を取り入れた看護ケアも学び、幅広い領域で生涯にわたって活躍ができる看護師を育成しています。

7つの専門領域

網羅した学び
東洋医学プラスαの力を身につけ、
これからの看護師へ

基礎看護学

基礎看護学では、看護とは何か、看護師とはどのような職業なのかを「看護学概論」で学びます。
また、対象の安全、安楽、自立を目指した看護を実践するうえでの基盤となる基本的知識や看護技術を「生活技術援助論」「診療技術援助論」で学びます。さらに、看護をより科学的に実践するための思考、方法論を「看護過程論」で、援助的人間関係を形成するための知識と行動のあり方を「看護人間関係論」で学びます。すべての科目が看護を実践するうえでの基盤となる科目です。
さらに、本領域では、看護技術の向上を図るため、繰り返し看護技術の練習ができるように実習室を開放しています。今後は、柔軟な発想に基づいた新たな看護技術の開発にチャレンジしたいと思っています。

成人看護学

成人看護学の対象者は、年齢の範囲も広く、場面もさまざま(がん看護、慢性疾患患者の看護、周手術期患者の看護など)です。すなわち、人生のうちで最も充実した時期の自立・自律した存在である成人を対象にしています。
このように成人看護学では、成人期の特徴や発達段階を踏まえて、疾病やさまざまな治療などにより侵襲を受け急性期にある人、リハビリテーションが必要な人、慢性疾患によって長期コントロールが必要な人にかかわる看護を学びます。
講義の展開としては解剖生理学から病態生理を踏まえ看護が学べるように、事例を数多く取り入れ問題解決的思考が育つようにしています。また、講義とともに学内演習でも臨床の現場をイメージしやすいように工夫し、学内で技術を習得して臨地実習に繋ぐようにしていきます。
臨地実習は、生活調整・再構築が必要な人や周術期看護を必要とする人を受け持ち、講義や演習で学習した知識や技術を統合し、看護過程を展開することで看護の実際を学びます。

高齢者看護学

私たちは、世界最高レベルの平均寿命と保健医療水準を誇る国に暮らしています。しかし、高齢化に伴うさまざまな社会的課題を抱えていることも事実です。そのため、高齢社会や高齢者に対して、ネガティブなイメージを持たれることも少なくありません。本学の高齢者看護学領域では、高齢者の身体的、心理的、社会的特徴を理解した上で、豊かな老年期を支援する看護職としての技術を探求しています。実習は医療施設の他、老人保健施設等も予定しており、高齢者の生活を支える看護を幅広く学びます。
看護は人生経験が活かせる貴重な学問分野でもあります。年齢を重ねるごとに人生の幸福感が増していくような社会の実現に向けて、ぜひ一緒に学びましょう。

母性看護学

母性看護学領域は、女性の生涯にわたり性と生殖に関する健康を守るという観点から、女性とそのパートナーを含む家族の健康を考え、健康の維持増進、疾病の予防を目的とする領域です。対象は妊産褥婦とその子どもと家族、将来子どもを産み育てる女性、過去にそれらの役割を終了した女性です。しかし最近は地域社会や世界をも含めるグローバルな視点で問題解決を求められる分野にもなってきています。
学びは具体的に、マタニティサイクルにおける女性と新生児各期の母児の身体的・心理的・社会的特徴を理解し、母児とその家族のウェルネスに向けた看護を展開していくのに必要な基礎的知識や技術を学びます。
少子化社会を迎えた今、国家の維持と安寧に関わる基本的な分野でもあります。産み育てる中で求められる生命倫理はじめ、社会・経済・福祉・教育のしくみなども配慮した知識と支援技術の獲得を目指します。

小児看護学

小児看護学領域では、健康障害をもつ子供や家族だけではなく、健康な子供たちにも予防的にかかわり、子供たちが地域社会で心身ともに健康に成長・発達していけるような支援をしていきたいと考えています。そのためには子供や家族の支援だけではなく、学校や地域社会とも連携をとりながら、また、看護実践や研究を通して我々ができる看護支援を追求していきたいと考えています。

精神看護学

精神看護学は「こころ」が対象の看護です。身体看護とは異なり、「こころ」の痛みや傷つき具合は、血液検査やレントゲン検査で診断できるものではありません。そして「こころ」を手当てするには、痛み止めの服用や傷の消毒などの方法とは異なる手当法が必要です。
人間の存在は「こころ(心理的側面)」「身体(生物学的側面)」「社会とのかかわり(社会的側面)」から成り立っています。この3つの要素から人間を理解し、「こころ」を病む人の手当て方法を学習していくのが精神看護学です。
ストレスが多い現代社会の中で「こころ」を病む人は増えており、精神の健康問題は身近なテーマとなりつつあります。学習を進める中で、自分自身の「こころ」の健康保持も含め、新たな気付きを得ることができると思います、ぜひ一緒に学んでいきましょう。

在宅看護学

在宅看護論は、疾病や障害を持ちながら在宅で生活、療養する人とその家族の看護について理解する領域です。在宅看護の背景と変遷、地域包括ケアシステム構築の意義と構造、および保健医療福祉活動を実践していくために必要な社会保障制度についても学びます。授業方法はアクティブラーニングを中心とし、住み慣れた地域で最期まで生きるための看護援助を考察します。
在宅看護実習では、ご自宅や介護施設など暮らしの場での看護を学びます。病院と在宅の継続支援、多職種連携を学ぶため、医療連携室や地域包括支援センターでの実習も行います。

授業紹介
class

特徴ある授業

看護人間関係論

本学の大きな特徴の一つである授業です。看護の質は、看護を必要とする人と看護師との人間関係の質に影響します。この関係性を援助的・対話的にするため、自己理解・他者理解について体験的に学び、対話に活かすことを目指すのがこの授業です。また、人間の生老病死を体験している人の苦しみ・苦悩・悲観や喜び・希望等について理解するため、事例分析をグループ討議を通して学びます。

学長アワー・ホームルーム

学生の学習サポートや学生が自身の将来像を結ぶための支援として設定された時間です。学生の要望に応える内容を主とするほかに、「東洋医学」の講義と実践や医療福祉看護の最新トピックスなどを紹介する時間です。

仙台赤門短期大学ならではの学び

東洋医学と看護のコラボレーション

包括的看護に役立つスキルを

地域ぐるみでケアする「包括的看護」が求められている今日。看護師の活躍するフィールドは、従来の病院中心から、介護施設や在宅でのケア、福祉・介護サービス等、大きく広がっています。これからは、自ら判断してケアができる看護師が求められています。本学は、『赤門鍼灸柔整専門学校』と連携して、東洋医学を取り入れた授業を展開しています。例えば、患者をリラックスさせるためにツボを押さえたハンドマッサージを行う等、東洋医学の知識と技能は、現場で役立つプラスαの力となります。

病院のケアから地域のケアへ

学生インタビュー

東洋医学の知識とスキルを学ぶメリットは大きいです

地域医療の現場で働くことを目指す私にとって、東洋医学の授業はとても魅力的です。マッサージを施すことで患者さんにリラックスしていただくなど、ケアに有効なツボやマッサージのスキルを正しく身につけることができます。直接見て触って体感できる実習の場が多いので、授業で学んだ知識や技術を現場でどう生かせるのか確認することができ、理解が深まります。

臨地実習
Clinical Practice

看護が必要なあらゆる場で活躍できる実践力を養います

仙台市のみならず宮城県内の総合病院等を実習先として、基礎・成人・高齢者・小児・母性・精神・在宅の各看護学領域で幅広い実践力を身につけます。また、地域社会で広く貢献できる力を養うため、介護老人保健施設、地域包括支援センター等での実習も行います。

【主な実習先】
  • 東北大学病院
  • 東北医科薬科大学病院
  • 宮城県立こども病院
  • 仙台市立病院
  • 大崎市民病院
  • 石巻市立病院
  • 登米市民病院
  • 公立刈田綜合病院
  • 公立藤田総合病院
  • 仙台西多賀病院
  • 西仙台病院
  • 長町病院
  • 総合南東北病院
  • 松島病院
  • スズキ記念病院
  • 川崎こころ病院
  • 緑ヶ丘病院
  • 石越病院
  • 介護老人保健施設、訪問看護ステーション、保育所、他
実習の流れ
第1段階
看護職の理解

健康障害を持つ人々の療養生活を支える環境とそこで働く人たちを知る。その中で、看護職者としての役割や責務を理解し、自身の看護師像を描く。

第2段階
基本的な看護

実習を通して健康状態や生活状況を把握し、科学的根拠に基づいて分析し、看護過程(アセスメント・看護診断・計画立案・実施・評価)に沿って看護展開する。自分が行った看護について考える。

第3段階
専門的な看護

ライフサイクル(母性・小児・成人・高齢者)・精神・在宅領域の専門領域の特徴を理解し、あらゆる健康レベルに対応する問題・課題を明らかにしたうえで、専門的な看護援助について看護過程に沿って展開する。

第4段階
看護の統合

既習の学習を統合して、医療チームの連携、臨床実務に即した看護管理・医療安全等を踏まえた看護実践能力を養う。看護師としての自覚と責任を培い、看護に対する自分の考えを探求する。

実習レポート 東北大学病院にて行われた臨地実習に密着!1日の流れや実習でどんなことを学ぶのかをご紹介します。
看護師長さんと看護計画について打ち合わせ
指導者の方と1つ1つ手順の確認
患者さんのケアを実際に体験!
電子カルテの扱い方を学習

学生インタビュー

現場を体験することで看護の仕事の本質に触れる

経験を増やすため、希望分野だけでなくさまざまな現場で実習を行います。実習に出て初めて知ることもたくさんありますね。私は1年次の実習を石巻市立病院で行いました。現場で働く看護師さんの手際の良さや瞬時の判断力にも圧倒されましたが、なにより患者さんとの接し方、信頼関係を築くコミュニケーション術はとても勉強になりました。看護という仕事に対する意識が変わりましたね。

カリキュラム
Curriculum

これからの看護師に必要な力を 身につける3年間。 基礎から専門まで体系的に学びます。

看護学の基盤は、人間理解が重要な視点になります。各看護学では、病気や障害が身体的、心理・精神的、社会的、スピリチュアルな人間存在にどのような影響を与えるかを学びます。そして看護はどのように人に関わり、健康回復に向けて援助するか、その方法を学びます。2年次後期から3年次には実習を中心に行い、実践力を養成します。

看護学の基盤

専門基礎分野

看護学を実践するために必要な基盤となる科目です。人体の構造と機能、疾病治療論、社会福祉学などがあります。

専門Ⅰ

看護の各々の専門領域の基盤となるものです。看護の概念、倫理など看護全体に共通する看護の基本を学びます。

専門Ⅱ

ライフサイクルの各期(成人・母性・小児・高齢者・精神)における看護の知識、必要な技術を学びます。

統合分野

総合的な判断ができ根拠に基づいた看護を提供できるようになるためのものです。在宅看護、災害看護、看護研究などです。

実習科目

既習の知識・技術を臨地で応用展開し、看護に必要な基礎的能力を身につけるとともに、将来の看護師像を描く機会になります。

  1年次 2年次 3年次
専門基礎
分野
  • ●人体の構造と機能Ⅰ・Ⅱ
  • ●生化学
  • ●微生物・免疫学
  • ●病態生理学
  • ●疾病治療論Ⅰ・Ⅱ
  • ●社会福祉学
  • ●薬理学
  • ●臨床栄養学
  • ●疾病治療論Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ・Ⅵ
  • ●リハビリテーション論
  • ●保健医療福祉の連携
  • ●医療と倫理
  • ●公衆衛生学
  • ●医療・福祉関係法規
専門Ⅰ
  • ●看護学概論
  • ●看護人間関係論
  • ●生活技術援助論
  • ●看護過程論
  • ●診療技術援助論
   
専門Ⅱ
  • ●成人看護学概論
  • ●高齢者看護学概論
  • ●母性看護学概論
  • ●小児看護学概論
  • ●成人看護学援助論Ⅰ・Ⅱ
  • ●ターミナルケア論
  • ●セルフマネジメント論
  • ●高齢者看護学援助論Ⅰ・Ⅱ
  • ●母性看護学援助論Ⅰ・Ⅱ
  • ●小児看護学援助論Ⅰ・Ⅱ
  • ●精神看護学概論
  • ●精神看護学援助論Ⅰ・Ⅱ
 
統合分野
  • ●在宅看護概論
  • ●在宅看護援助論Ⅰ・Ⅱ
  • ●看護管理
  • ●災害看護
  • ●看護研究
実習科目
  • ●基礎看護学実習Ⅰ・Ⅱ
  • ●成人看護学実習Ⅰ
  • ●高齢者看護学実習Ⅰ
  • ●母性看護学実習
  • ●小児看護学実習Ⅰ
  • ●在宅看護実習Ⅰ
  • ●成人看護学実習Ⅱ
  • ●高齢者看護学実習Ⅱ
  • ●母性看護学実習
  • ●小児看護学実習Ⅱ
  • ●精神看護実習
  • ●在宅看護実習Ⅱ
  • ●総合実習

学生インタビュー

現場や実践を想定した授業で体験的に学ぶことができます

少人数なので、先生との距離感も近く学びやすい環境だと感じています。宮城県内では当学校だけに導入されている最新の学習設備、人型ロボットによる実習は、特におもしろいですね。どういう体勢だとどこが苦しくなるかなど患者さんの状態や気持ちをリアルに近い形で知ることができ、対処の仕方を検討するのに役立っています。どの授業も、実践に即した要点を押さえた学習で、とても理解しやすいです。