仙台赤門短期大学 看護学科

宮城県仙台市の看護師養成学校|仙台赤門短期大学 看護学科

MENU

教職員コラムリレー

第37回その日を待ちわびて

浅野 由紀

スラックラインというスポーツをご存知でしょうか?

2009年に日本に入ってきた、比較的新しいスポーツです。

この頃、テレビで取り上げられることも増えたので見たことがある人も多いかもしれません。

 

スラックラインとは、幅2.5~5センチの収縮性のあるベルトラインの上で

飛んだり跳ねたりするトランポリンと、スリル感を味わう綱渡りを掛け合わせたような競技です。

体幹が重要なスポーツなので、楽しみながらトレーニングすることができます。

 

スラックラインはたくさんの楽しみ方があるのが魅力!

◇トランポリンのようにアクロバティックな技を繰り出すトリックライン

◇綱渡りのように長いスラックラインの上でバランス感覚を楽しむロングライン

◇海や川など、水の上で楽しむウォーターライン

◇渓谷やビルなどの高い場所でスリルを味わうハイライン

◇スラックラインの上でヨガをするヨガスラックライン

 

上記のように5種類もの楽しみ方があります。

 

このスポーツと知り合ったのはちょうど3年前。

青森から仙台に引っ越してきたばかりの頃でした。

知り合いがいない、長い夏休み。

暇つぶしに立ち寄ったスポーツ店で出会ったのが、スラックラインでした。

 

あっという間に3年。

子どもにやらせるつもりが、見事に親がハマり、今では家族みんなで楽しんでいます。

 

体を鍛えるだけではなく、子どもは学校以外の友達が、大人もこれまでとは違ったつながりが出来ました。

色々な人との交流はとても刺激的で、学ぶことが多いと感じます。

 

昨年度は、荒吐ロックフェスティバルを始めとした、たくさんのイベントに呼んでいただき、参加しました。

イベントで多くの人と知り合い、スラックラインを通して交流することは私たち家族の大きな喜びです。

 

今年は我慢の年となっていますが、出来ることならマスクを外して

スポーツが出来る日を待ちわびる今日この頃です。

 

 

~高さへの恐怖、それは自分との戦い~

ロングラインに挑戦中!