仙台赤門短期大学 看護学科

宮城県仙台市の看護師養成学校|仙台赤門短期大学 看護学科

MENU

活躍できるフィールド

卒業後は、病院の他にもさまざまな活躍の場が広がっています。

病院・診療所
高度で先進的な医療を展開する仙台市内の総合病院をはじめ、地域医療の中核を担う宮城県北・県南の基幹病院、地域のクリニックや診療所など、幅広いフィールドで活躍できます。
介護福祉施設・訪問看護ステーション
高齢化社会を迎え、看護師の需要がますます伸びている分野です。入所者の専門的なケアや在宅での看護サービスを通して健康面を管理します。
健診センター
健診センターとは健康診断のための検査を受ける施設ですが、ここでの看護師に期待される役割の一つに“本人が自身の健康を管理する(セルフケア)ことができるようサポートする”ことがあげられます。病気になってからではなく、病気にならないよう予防的に働きかける、医療費の高騰が続くわが国の現状で重要性が増しています。
保育園・学校
看護師常駐が定められている0歳保育のある保育園では、乳幼児の健康管理等を担当します。養護教諭養成学校に進学して免許を取得すると、学校の養護教諭への道も開けます。
産業看護師
産業看護師とは、病院ではなく一般企業に勤務する看護師のことです。従業員を対象に、就業中のケガや病気の処置をはじめ、健康管理、メンタルケア等を行います。
公務員
市立病院や県立病院で経験を積み、ゆくゆくは県庁や市役所で医療看護制度の改善に携わることもできます。

臨床経験を積み、NP(ナース・プラクティショナー)や専門看護師へ

NPとは諸外国で導入されている資格のことで、看護の基盤を持ちながら、医師の指示を受けずに一定レベルの診断や治療などを行える看護師のことを指します。

サポート体制
Support

憧れの看護師になるために。
学生の学びと学校生活を支える
万全の体制。

学生が目指す看護師になるためには、教員によるサポートと整った環境が欠かせません。本学では、学生が勉学に集中できる環境を築くとともに、あらゆる面から学生生活を支援しています。

国家試験対策

看護師になるためには、国家試験に合格することが前提です。そのためには1〜2年次の専門的な授業を理解し、知識を自分のものにすることが重要です。本学では、基礎から専門まで着実に知識を積み重ねていけるカリキュラムを準備しています。また学生が主体的に勉強に取り組める学習環境も揃っています。

自主学習スペース
自主学習スペース

学生が自由に使えるスペースを完備。試験勉強のための環境が整っています。

学長アワー
学長アワー

理解が困難な科目の復習を行ったり、最新のトピックス等を紹介しサポートします。

学習サポート
学習サポート

少人数向けの講義を行うほか、予約制で個別指導も行っています。グループ単位での相談も受け付けています。

少人数サポートのチューター制×担任制

本学は、少人数サポートのチューター制と担任制を併用し、学生一人ひとりを大切にする教育の実現を目指しています。学生と教員の距離が近く、勉強はもちろん学校生活全般についても相談しやすい環境が整っています。また、個別教室、個別面談、カウンセリング面接等も行っています。

毎週ホームルームを実施

時間割にホームルームを組み込んでいます。講義以外の時間に、学生と担任が同じ場所で活動することで、“学生ー教員”間の距離を近く保てるよう心がけています。そのため、現在の状況を把握しやすく、学生の微細な変化にも早期に気づくことができます。

奨学金制度について

1.日本学生支援機構の場合
種類 自宅通学 自宅外
第1種(無利息) 20,000円・30,000円・40,000円・53,000円 20,000円・30,000円・40,000円・50,000円・60,000円
第2種(有利息) 20,000円~120,000円(1万円単位)から選択
入学時
特別増額
貸与奨学金
金額 100,000円・200,000円・300,000円・400,000円・500,000円の5種類から選択
貸与 所定の要件を満たす場合は、上記の金額も貸与されます。 ※日本政策金融公庫の「国の教育ローン」を申し込んだが、融資を受けられなかった世帯の学生を対象とした制度です。
本学の給付奨学金

年度の始めに、給付希望者を募集し、教授会が選考します。予算の範囲内で、人数・金額を決定します。

病院奨学金制度

看護師を目指して勉学に励んでいる学生をサポートする病院奨学金貸与制度があります。この制度は、看護学校に入学が確定している、または入学した学生に病院が貸付する制度です。卒業と同時に看護師免許を取得し、一定期間その病院に勤務することで返済の義務が免除されます。

その他の奨学金制度

各都道府県などでも看護師職員修学制度として奨学金を設けているところがあります。詳細については、各自治体にお問い合わせください。

2.緊急・応急採用制度

詳しくは事務室窓口までお問い合わせください。