AKAMON

大学概要

HOME > 大学概要

建学にあたって

専門性と総合力とを兼ね備えた看護師の育成を通じて、
地域社会に貢献する

医学医療分野における新知見や新技術の創出・開発には、目覚ましいものがあり、革新に次ぐ革新が進行しております。一方で我が国は人口動態の変動により少子高齢化社会が進展し、その傾向は今後、50年間にわたってより顕著になると予測されています。さらに東北地方においては、大震災を経験したがために、保健・医療・福祉のニーズとサプライの不均衡が、際立っているのが現状です。地域に居住している人々が、医学医療の最新の成果の恩恵を享受する為には、医療従事者による橋渡しが必須です。看護の基本は、病める人々に寄り添い護ることであり、医学医療と人間生活をつなぐ最も重要な役割を担っているのが看護師です。私たちは、看護に係る確かな知識と技術を有し、高度専門性を備えているのみならず、人間として総合力があり、感受性豊かな看護師を育成することが、東北地域の人々の未来を切り拓くのに必要ではないかと考え、本学を建学いたします。

これからの地域社会では、従来からの病院・診療所に加えて、高齢者の為の施設やホーム、在宅への訪問など、多様な役割が看護師に期待されています。また、看護職として独立性を保ちつつ、医療関連の様々な職種の人々と連携し協調できる、総合力を有する人材が求められてもいます。人間を全人的に捉えつつ、地域社会への貢献の志を抱く看護師を育成する所存です。

仙台赤門短期大学
看護学科設置準備室長
学長 佐竹 正延

東北大学大学院医学研究科修了、医学博士。東北大学加齢医学研究所教授・所長等を歴任。
現在 学校法人赤門宏志学院常任顧問・理事、東北大学名誉教授・専門は細胞・分子生物学。

看護学を学ぶとは人間を学ぶことであり、
専門職として「生老病死」を体験している人への人間愛の実践を学ぶことです

フローレンス ナイチンゲールは看護師になることを家族から反対され、自分の生き方に悩み続けました。彼女は看護を実践的に学ぶために英国からドイツのカイゼルスベルト学園に入学し、病人を看護することを学びました。そこで彼女は、「私はここでの生活の総てに深い興味を感じており、心身ともに健康です。これこそ人生です。今私は、生きるということは、どういうことであり、人生を愛するということがどういうことか実感として解りました。」と看護することと自分の生き方を統合し、人間としての主体性を確立しました。その後、ナイチンゲールはクリミヤ戦争に自ら志願し、英国の大臣からも要請を受け、戦地に赴き、看護を実践しました。その結果、兵士の死亡率は42.7%から2.2%まで減少したと言われています。そこに看護があったのです。では看護とはどのようなものなのでしょうか。

この短期大学では、看護の本質とは何か、看護はなぜ人間にとって必要か、社会が求める看護を専門職業人である看護師としてどのように対応していくか等、自分に課題を持って学んでほしいと思っています。そして自分の夢に向かって自分を育ててほしいと思っています。

また、看護実習を通して相手と自分の対話を行い、看護師としての自立と自己実現の方向を自らのものとしてほしい、その援助は惜しみなく教育として行っていきます。

仙台赤門短期大学
看護学科 設置準備室分室室長
学科長 加藤 久美子

千葉大学看護学研究科看護教育学専攻修了 看護学修士
岡山大学保健学研究科教授、名桜大学看護学研究科教授を歴任
専門は基礎看護学、看護教育学

教育環境に最適なキャンパス

仙台赤門短期大学のキャンパスは、隣に東北大学青葉山キャンパスが広がっていて、「学都仙台」を象徴する文教地区にあります。
地下鉄東西線にて、仙台駅から7分の「青葉山駅」にて降車、徒歩15分で短大の校舎予定地です。
仙台駅からはスクールバスも利用できます。仙台市の中心近くでありながら、自然に恵まれ、落ち着いた環境で教育にあたることができます。

歴史ある赤門鍼灸柔整専門学校運営

学校法人赤門宏志学院は、「東洋医学・伝統医学を社会に普及し、国民の健康福祉に貢献する」を建学の理念として、 医療従事者(あん摩マッサージ指圧師、鍼灸師、柔道整復師)の養成学校を、昭和22年(1947年)以来、 60有余年にわたって設置運営し全国各地から入学者を受け入れ、卒業生約8,800人を全国各地に送り出してまいりました。
また、平成19年(2007年)に東洋療法教育専攻科を設置、臨床力をもった教員の養成等にも努めております。

  赤門鍼灸柔整専門学校HPはこちら