AKAMON

赤門の歴史

HOME > 大学概要 > 赤門の歴史

学校法人赤門宏志学院のあゆみ

1947年(昭和22年4月) 宮城県知事から「東北高等鍼灸学校」(仙台市青葉区大町一丁目)の設立の許可を受ける。

これは大町の旧校舎で、戦後まもなく建てられた和洋折衷の風雅な建物であった。 門柱の横に自家用車が見られる。 当時、自家用車の所有者はごくわずかで、業界では本校だけであった。 この自家用車が現在の赤門自動車学校を設立させたのである。(昭和26年)

1948年(昭和23年12月) 厚生大臣から全国第一号として「東北高等鍼灸整按学校」(当時の法令の修業年限規定により、按摩科2年制、鍼灸科5年制、柔道整復科4年制)の認定を受ける。
1949年(昭和24年4月) 文部大臣から公益法人として「財団法人東北高等鍼灸整按学校」の設立が許可される。
1951年(昭和26年9月) 財団法人名を「赤門学志院」に改称。校名を「東北高等鍼灸整復学校」に改称。
1953年(昭和28年4月) 厚生大臣から修業年限規定が改正され、大学入学資格者を入学資格とする専門課程(鍼灸科2年6ヶ月制、柔道整復科2年制)の新設が認定される。
1957年(昭和32年4月)

川内校舎新築落成。大町旧校舎から移転。(写真:移転した当時の川内校舎)

1967年(昭和42年8月)

川内に新校舎落成。(写真:川内校舎の全景)

1968年(昭和43年4月) 厚生大臣から柔道整復科第二部(2年制)の新設が認定される。 校名を「仙台赤門鍼灸柔道整復学校」に改称。
1976年(昭和51年5月) 厚生大臣から鍼灸科第二部(3年制)の新設を認定される。
1979年(昭和54年3月) 宮城県から専修学校として認可を受ける。校名を「赤門鍼灸柔整専門学校」に改称。
1983年(昭和58年8月)

現在の青葉山現校舎落成、川内旧校舎から移転。(写真:上空から見た青葉山校舎)

1990年(平成2年4月) 法令改正にともない、全課程3年制と定められ、厚生大臣から課程学科の再認定を受ける。
1997年(平成9年4月) 学校創立50周年を迎え、記念式が開催される。
1999年(平成11年11月) 国分壮(創立者)が藍緩褒賞(教育事業発展の功績)を授与される。
2005年(平成17年4月) 屋外運動施設が完成。
2007年(平成19年3月)

国分町に新校舎落成。(写真:国分町校舎)

2007年(平成19年4月) 学校創立60周年を迎える。
厚生労働大臣から東洋療法教育専攻科の新設が認定される。
2007年(平成19年10月) 学校創立60周年記念式を行う。
2011年(平成23年4月) 鍼灸師等の卒後臨床研修制度をスタート。
2013年(平成25年3月) 財団法人赤門学志院の解散。 学校法人赤門宏志学院の設立が認可される。
2017年(平成29年4月) 学校創立70周年を迎える